• 民事事件関連
  • 民事事件関連
浮気問題関連

日韓の浮気問題

日韓の浮気問題
SNSの普及も関連し、日韓での浮気は頻繁に発生しています。弊社の韓国関連案件でもトップを争うトラブルです。「韓流」ブームこそ一時的なムーブメントは鎮静したものの、甘いマスクで優しくたくましい韓国人男子に憧れを抱く女性は未だ多く、妻が浮気で韓国へ行くといった現場も幾度となく押さえてきました。姦通罪が廃止され、浮気や不倫が罪ではなくなったものの、浮気が原因での離婚やお金が絡んだトラブルになってしまうこともあります。

日本人が韓国で浮気・韓国人が日本で浮気

日本人が韓国で浮気・韓国人が日本で浮気
メディアの煽りで「敵対」のイメージが強いものの、互いの文化を尊重し合う面も多く、文化、企業など、あらゆる面で韓国とは深い繋がりがあります。フィーリングやパーソナリティも類似している面が多く、両国の男女が惹かれあうのも自然な流れです。若者、熟年に限らず、また、未婚カップル、夫婦に関係なく両国での道徳的概念に対する敷居は低下しており、半数以上が浮気の経験があるといわれています。「姦通罪」が非適用になったこともあり、日韓の浮気問題は今後も度々報告されるものとみています。

姦通罪廃止とその背景

姦通罪廃止とその背景
韓国では浮気は「姦通罪」という刑事事件として立件されており、懲役2年以下の罪が科せられていました。この国の著名人も実際に不貞で逮捕されてしまった事例があります。しかし、2015年2月26日、韓国の憲法裁判所がこの罪を違憲とし、廃止されました。かつての日本同様、韓国も”男性主義”的な社会的風潮が強かったものの、1990年以降社会の中での女性の立場が強くなり、ご存知のように今は大統領さえも女性という現状です。また、浮気という行為が、倫理的・道徳的非難の対象ではあるものの、国家が介入する犯罪ではないという見方も強まってきたようです。

弁護、代理人業務を通じサポートします

弁護、代理人業務を通じサポートします
韓国でも、今年(2015年)長年「浮気を犯罪」と位置づけてきた姦通罪が廃止されたように、時代の流れとともに、民事、刑事上の法律も変わり続けています。日本語が出来る法務法人ヒョソンではに情報交換を行いながら、韓国の法のもとに、原告・被告等の訴訟代理業務、各法に基づいた手続き、法律事務、法律相談などを行うことで、国際間でのトラブルに巻き込まれてしまった日本人を、弁護、代理人業務を通じ、徹底的にサポート致します。

日本語でのお問い合わせはこちらから

  • 日本語でのお問い合わせはこちらから