• 民事事件関連
  • 民事事件関連
保険関連問題

保険関連問題

保険関連問題
保険が関連した詐欺は、韓国でも頻繁に発生しています。数年前に江原道太白市で発生した400名以上が一斉摘発された詐欺事件が記憶に新しいですが、保険詐欺事件は減っていないのが現状です。

知能化し、更に組織化している韓国での保険金詐欺。近年では生命保険、長期損害保険などがやはり目立ちます。通称「当り屋」とされる自動車保険金詐欺は日本と比較にならないほど多く、実際に当り屋被害に巻き込まれた日本人も報告されています。

保険詐欺摘発の現状

保険詐欺摘発の現状
横行する保険詐欺ですが、摘発状況は良いとはいえません。人材が圧倒的に不足しており、入院など、保険を利用する患者、被害者とされる者全てに目が行き届いていない現状があります。当然、軽度の入院患者、給付金の少ない患者などは調査の対象として後回しになります。犯人側も、元保険関連の仕事に携わっていた者なども多く、上手く法の目を掻い潜り、巧妙かつ大胆に犯行に及びます。

保険詐欺は刑事罰に

保険詐欺は刑事罰に
保険関連詐欺が韓国刑法上の詐欺罪第37条に相当すると、2千万円以下の罰金もしくは10年以下の懲役刑が処せられます。しかし、上記にあるように摘発の現状は少ない為、実刑に至ったケースは多くはありません。詐欺請求がなされた場合の、保険者側からの保険契約を解除出来るといった韓国商法の保険編の規定が甘く、全面的な改善を求める声が相次いで上がっています。

日本語でのお問い合わせはこちらから

  • 日本語でのお問い合わせはこちらから